先輩インタビュー~建築事業部N.I.

社員の強い地元愛で東三河No.1を目指す!
建築事業部N.I.
(1996年入社)

-神野建設を選んだ理由は?

 生まれも育ちも、神野新田(地元)ですし、親も関わっていたので、幼い頃から神野建設は知っていました。

 二十歳過ぎ頃までは名前を知っている程度でしたが、就職活動中、会社についていろいろ調べている内に、“ここだ!”と確信しました。これからの豊橋地区において、神野建設は地域を代表する企業になる、と。

 だから、受けたのは神野建設だけです。地元での就職を希望していましたし、早い時点で“この会社しかない!”と決めていました。

-神野建設の良いところを教えてください。

 代々伝わる施工方法、施工方針を守っているところはすごいと思います。

 サーラグループ会社であるので、ネットワークがしっかりしているところも良いですね。

 それに、サーラグループ会社の中で、何社か建設会社があるので、情報共有もできます。

-神野建設への今後の期待、これからの目標を教えてください。

 地元出身者が、半分位を占めています。地元愛が大いにありますので、お互い助け合い、協力しながら地元を盛り上げたいです。

 自分としては、今まで経験してきたことを、全て部下に教えて、引き継いでいってもらいたいです。

 それから、今まで建てたことのないもの、何でも建てていきたい、挑戦したいです。

 そして、東三河のNo.1になりたいですね。

-これから就職する方、同じ業界を目指す方へメッセージを。

 建設現場での仕事は、時間に追われ大変厳しい業種だと思います。

 現場によって同じ作業も方法・工法が変わるので、常に考えながら進めていく面もあるので、大変なこともありますが、とてもやりがいのある仕事です。

 自分の考えた工程(人員の調整・日程の調整・発注・材料)が思うように進んで、建物が出来上がった時にはとてもやり甲斐を感じます。特にお施主様が満足してくださった時にはたとえようのない達成感があります。

 また、辛い思いの現場ほど、出来上がった喜びは大きいです。是非、この達成感を味わってください。