先輩インタビュー~建築事業部Y.K.

じわじわと感動が広がる楽しい業界。
建築事業部Y.K.
(2018年入社)

-神野建設の良いところと悪いところを教えてください。

 自分は実家から通える地元の企業に就職したかったので、その希望通りになっていることについてはとても満足しています。それに、営業さんも遠くの物件を取らないので、毎日自宅から通える範囲の現場、ということも良いところだと思います。何より、自分が生まれ育った場所で建物を造れるのは最高です。

 悪いところとは言えないかも知れませんが、仕事をスムーズに進められるかどうか、自分の手腕が問われてしまうのはプレッシャーだったりもします。

-やり甲斐、あるいは感動したことは?

 高級車を扱うディーラーさんのリニューアル工事に携わった時に、他では見られないような高価な素材を使ったので、勉強になりました。それ以来、もっといろいろな店舗を手がけてみたいと思うようになりました。

 自分で工程表を立てるので、現場の足場が外されていき外観が見えてくる瞬間はとても感動しますね。それまで考え、思い悩んだことや苦労したことが一気に報われてとても幸せな気分です。

-仕事に関して工夫していることは?

 言われたことはしっかりやる、ということです。もちろん、言われたことだけをするのではなく、自分でも考え、それを先輩に確認するようにしています。

 現場では朝礼の時にできる限り多くの人に声をかけて、体調が悪くないかなどを確認するようにしています。そして10時頃にもう一度、それぞれの行動を見て、再確認するようにしています。

-今後どんな人に神野建設へ入社してもらいたいですか?

 成り行きで進んだ学科が建築系だったとか、教科書の上だけで建築を追求してきたという人よりも、根っから建物が好きで肌で建築がわかっているような人に来て欲しいですね。

 それから、コミュニケーションがうまくとれる人が良いな、と思います。

 建物が好きなら男女関係ありません。